Pocket

離婚に踏み切れないのはお金のせいですか?

離婚したら不安なのはお金のことですか?

離婚を考えたとき頼れるお金のプロ、箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「無駄遣いしていないのにお金が貯まらないあなたへ」です。

お金を貯めるのが得意な人とそうでない人がいます。

たくさんお金を持っている人は、きっと収入も多いのだろうと思いがちですが、実は収入が多いからといって貯金額が多いとは限らないのです。

反対に言えば、収入が少ない人でも貯金は可能です。

まとまった貯金があれば、それは安心につながります。

今日はお金が貯まらない人へ、なぜお金が貯まらないのか、どうしたら貯められるのかを解説していきたいと思います。

もくじ

  • 無駄遣いしていないのにお金が貯まらない人の勘違い
  • お金が貯まらない人がまずやるといいこと
  • ストレスを感じないで貯金をする方法
  • お金は使った分ではなく使う前に管理する
  • まとめ

無駄遣いしていないのにお金が貯まらない人の勘違い

無駄遣いしていないのにお金が貯まらないのはなぜでしょうか。

収入が十分でないから?

物の値段が高いから?

消費税が上がったから?

もちろん、必要な生活費より収入が低い場合は貯金に回すことは困難ですし、そもそも物が高すぎるのではないか、消費税が上がり過ぎではないかとも思います。

しかし、まず、なぜお金が貯まらないのか、自分自身のお金の使い方に原因がないのか、考えていきたいと思います。

無駄遣いしていないのにお金が貯まらない原因。

それは、無駄遣いをしていないのではなく、無駄遣いを自覚できていないからかもしれません。

お金を使わなければお金が減ることはありません。

もちろん、必要であればお金は使うべきです。

しかし、自分はお金を100%必要なものに使っていると言い切れるでしょうか?

そう、自分がどんな無駄遣いをしているのか。それに気づいていない。

だから

無駄遣いをしていないのにお金を貯まらない、と勘違いしてしまうのです。

ということは・・・無駄遣いに気づくこと。

これが貯金への第一歩と言えそうです。

お金が貯まらない人がまずやるといいこと

お金が貯まらない人がまずやるといいこと。

それは“無駄遣いの見える化”です。

出費が見えるものといえば、レシートです。

お店で受け取らなかったり、見ずに捨ててしまったりしていませんか?

ずっと続ける必要はないので、一定期間だけ、レシートを溜めて自分が何にお金を使っているのか、確認してみてください。

数日経ってから確認する方が冷静に分析できるので、出来ればその日ではなく少し時間を置いた方がいいと思います。

なので、例えば、週末に1週間分まとめて確認するのも一つの手だと思います。

必要ない出費が思った以上に多いことに気づきます。

1回1回の出費は大した金額でなくても、1週間分合計すると結構まとまった金額になっていたりするので、びっくりするかもしれませんよ。

こうして、無駄遣いを“見える化”し、その金額を把握することで、これは無駄だから買わないでおこう、これにいつもお金を使いすぎるから控えようなど、お金の使い方を改善できるようになります。

ストレスを感じないで貯金をする方法

さて、無駄遣いを“見える化”することで、どんな出費を抑えるべきなのかが分かりました。

じゃあ、無駄を省いた分は貯金が出来るということね!

実はそんな甘いものではありません。

いや、自分には甘いのです。

特に、今までどんぶり勘定だった人は、無駄遣いを抑えたつもりでも、他のところで使ってしまったり、分かっていてもついつい無駄遣いをしてしまったりすることがあります。

それに、無駄遣いを一切しないのも、ストレスですよね?

人間そんな完璧な行動は出来ないものです。

無理して貯金をしようとしてもストレスとなってしまい、続かない。

でも貯金は続けていかないと結局お金は貯まらないものです。

だからこそ、ストレスを感じないで貯金をすることが重要になってきます。

そのためのポイントは、収入からあらかじめ強制的に貯金分をよけておく、ということ。

例えば、会社員で、財形貯蓄制度などが利用できるのであれば、これを使うのも手です。

給料から天引きされるので、強制的にお金を貯めることが出来ます。また、財形貯蓄の場合、自由に引き出せるわけではないので、使いたいと思ってもなかなか手を付けにくいため、ついつい使ってしまうという心配もないでしょう。

財形貯蓄制度などが利用出来ない場合は、給与振込口座から自動引き落としで積立預金にしておくと強制的に貯金されていきます。

自分の意思だけではなかなか貯金が難しい場合も、こういった強制的に貯金が出来る手段を使うとだんだんお金が貯まっていきます。

そう、この強制的に貯金する方法、実はストレスを感じないで貯金出来るというメリットもあります。

あるのに使えない使えないからストレスになる。

でも、この強制的に貯金する方法であれば、意識に入ってくる前に貯金に回されているので、気にならないのです。

私自身も、昔財形貯蓄制度を利用していましたが、そもそも手取り金額に反映されていないので、あまり気にしたことはありませんでした。でも退職するころには120万円ほど貯まっていて、結構うれしかったのを覚えています。

“あれ?そういえばこんなお金あったっけ?”

くらい、自分の意識から抜けていると、しめたものです。

お金は使った分ではなく使う前に管理する

収入が多い人が必ずしも貯金も多いわけではない。

これはなぜでしょうか?

それは、収入が多い人は、その分支出も多くなるからです。

収入が多いからといって、好き勝手使っていては、やはりお金は貯まりません。

反対に、収入は決して多いと言えなくても、上手に貯金出来る人もいます。

この両者の違いは何でしょうか?

それは、“お金の管理”です。

お金を貯めるのが上手な人はキチンとお金が管理できる人です。

だから、貯金が増えないからといって収入を増やしても、残念ながら貯金が増えるとは限らないのです。

お金が貯められる人は、お金を“使う前”に管理しています。

例えばお金の管理といえば「家計簿」。面倒ですよね。

そして、「家計簿」を一生懸命つけたからといってお金が貯められるわけではないのです。

というのも、「家計簿」は使った後にお金を管理するから。

使ってから“しまった、使い過ぎた!”と分かっても使い過ぎたお金が戻ってくることはありません。

もちろん、自分が何にどれだけ使っているか、家計を把握するのには有効な手段です。

しかし、お金を上手に管理するには、“使う前”が肝心です。

例えば、1か月の食費は〇〇円まで、交際費は〇〇円まで雑費は〇〇円まで・・・と決め、それを守って使っていくのもいいと思います。

ちなみに私のおススメは、1週間〇〇円と決める方法です。

1か月を4つに分け、毎週出費は〇〇円までと決めておきます。

そうすることで、細かく項目を分けるよりも管理は簡単ですし、柔軟にお金の使い方を考えることが出来ます。

また、1か月を4つに分けることで、月末のピンチを回避できます

1か月いくらと大雑把に決めてしまうと、どうしても前半使い過ぎて後半に苦しくなってしまいます。そうすると、結局どうしても足りなくなり貯金に手を付けてしまいがち。

でも、期間を1週間くらい細かく分けておき、週末に少しずつ調整をすることで月末の大ピンチを回避できます。

こうして“使う前“にあらかじめ金額を決め、それを守れるように期間を細かく分けて使っていけば、無理なくお金の管理ができます。

まとめ

無駄遣いしていないのにお金が貯まらない人へ

  • 無駄遣いを“見える化”する
  • 強制的に貯金する
  • お金の管理をする

本気でお金を貯めたいのであれば、この3ステップを試してみてはいかがでしょうか。

1円でも多くお金を貯める最善の方法。それは今始めること。

上手にお金を貯めて、将来の安心を手に入れてみてはいかがでしょうか。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事