Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「1人で生きていく家計管理のコツ」です。

離婚後再婚する方もいらっしゃいますが、独身のままの方もいらっしゃいます。

しかし、1人で生きていくことに不安を感じるかもしれません。

様々な不安がある中、その一つはお金のことではないでしょうか。

今日は、1人で生きていくための家計管理のコツについて解説したいと思います。

もくじ

意外に不安は少ない?!1人の人生

まず、1人では将来が不安だという方。

将来とはいつのことを指すのでしょうか?

恐らくですが、漠然と老後が不安だと考えているのではないでしょうか。

また、何が不安でしょうか?

その中に、お金の不安もありますか?

多くの人が老後資金に不安を感じている時代、特に配偶者も子供もいない場合は、自分ひとりで生きていけるのだろうかと思うと不安は大きくなるばかりです。

しかし、漠然と不安を抱えていても何も解決しません。

まずは、不安の正体を“見える化”してみましょう。

先に結論から申し上げますと、1人の人生において、お金の心配はそれほど多くありません。

考えられる将来必要になるお金は、

  • 住宅資金
  • 老後資金
  • 医療・介護資金

主にこの3点だと思われます。

もちろん、人によっては他にも不安要素はあるかもしれません。

しかし、その場合でも、具体的に何が不安なのか知ることが大事で、そうすると解決策を考えることが出来ます。

不安要素は多い少ないではなく、多い場合もそれを把握することで、一つずつ解決していけばよいのです。

解決できる不安を積み重ねていけば、それに伴って安心も積み重なっていきます。

気楽なシングルならではのお金の問題

次は支出についてみてみます。

実は支出には、独身者ならではの問題が潜んでいます。

それは、自分への投資が多くなりがちであること。

独身者は自分のお金を全て自分のために使えるため、ついつい自分へのご褒美や趣味など、娯楽にお金を使ってしまいがちです。

この自由に使えるお金の多さが、実は資金の準備に足かせになっている面もあるのです。

将来のことに不安を感じる一方、自分のための支出は惜しまない。

将来は確かに不安だけれど、反面、今を楽しみたいというのも本音ではないでしょうか。

将来の資金準備のために今好きなことを我慢すべきとは思いません。

人生一度きり、今は今で楽しむべきです。

しかし、一方、将来への備えも準備しなければなりません。そのために貯金は必要です。

だからこそ、その支出が本当に人生を豊かにしてくれているのかをもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

例えば習い事。

惰性で続けていませんか?

解約が面倒、いつかまた行くからという理由で月会費を払い続けていませんか?

買ったけれど着ていない服ありませんか?

もう一度自分の支出を見直してみると、案外人生を豊かにしてくれてもなさそうな支出があったりします。

これは、将来の備えに回しましょう。

貯金が苦手な人が知っておくべき貯めるコツ

さて、無駄遣いを見直したところで、残念ながらすぐにお金が貯まるわけではありません。

こんなことありませんか?

毎月貯金をしようと決意して、節約もがんばったつもりでも、月末になると、苦しくなる。

あーあ、今月も貯金できなかった。

ここでの問題は、

お金を使うタイミングと貯めるタイミングを間違っていることです。

どういうことかというと、上記の場合、お金を使った後に、残った分を貯金に回そうとしています。

貯金のコツは、この順序を反対にすることです。

つまり、先に貯金するお金を取っておいてから残りを支出に回すのです。

これだと、確実に貯金が出来ます。

自動積立定期預金を使い、毎月自動でお金を定期預金に回す、その場合、積立の指定日を給料日にしておけば、確実にお給料から貯金に回せます。

他にも、お勤めの会社で財形貯蓄制度が利用出来るのであれば、財形貯蓄制度を利用して給料から天引きにしておけば、手間をかけず、確実に貯金ができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

お金の問題は一つ一つ具体的に考えていくことで、明確になり、解決策も見えてきます。

そして、案外自分では気づかない、お金の使い方に改善すべき問題も隠れています。

月末になると、貯金出来ない自分に言い訳してしまうところですが、工夫次第で貯金は出来ます。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事