Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。
離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「離婚時の年金分割制度、対象になる人ってどんな条件?」です。

離婚時の年金分割制度。

半分相手に渡さなければならない?半分分割してもらえる?

それは、ちょっと勘違いかもしれません。

今日は、年金分割制度とはどういった制度で、どんな人が対象になるのか解説していきたいと思います。

もくじ

まずは年金分割制度を知ろう

年金分割制度について説明する前に、まずは公的年金制度について軽く触れておきます。

公的年金には「国民年金」と「厚生年金」があります。

また、公的年金の被保険者には3種類あり、その人の属性により、違っています。

第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者それぞれの加入対象者は以下の通りです。

では、ここから年金分割制度の説明に入っていきたいと思います。

年金分割制度といっても、全ての年金が対象というわけではありません。

年金分割制度の対象となるのは、このうち「厚生年金」の部分のみです。

例えば夫婦のどちらか一方だけ厚生年金に加入している場合、離婚したら、厚生年金に加入していなかった方は、将来受け取れる年金が国民年金の分(老齢基礎年金)だけとなってしまいます。ですので、夫婦の年金受給額の差を調整するため、厚生年金の分(報酬比例部分)から、婚姻中に支払った年金保険料に応じて、最大2分の1が分割されます。

もう少しかみ砕いた言い方をすると、国民年金はどの区分であっても支給されるので、これを分割する必要はないけれど、第2号被保険者だけ上乗せされている厚生年金部分は、受け取れる側から受け取れない側へ分割しましょう、という制度です。

ただ、勘違いしやすいのは、年金分割の対象が配偶者の年金全てではないということです。

第2号被保険者は、国民年金+厚生年金という二階建て構造ですが、どの被保険者も国民年金の被保険者となっているので、この部分は分割されません。

また、分割の割合が最大2分の1で、必ず2分の1受け取れるわけではないのです。

“最大2分の1“なので、必ずしも2分の1が分割されるわけではありません。この2分の1という分割に関しては少し複雑な制度になっているので後程詳しく解説します。

さらに、厚生年金のうち、分割されるのは、あくまで婚姻期間中の部分のみが対象です。

したがって、比例報酬部分を丸々半分するわけでもないのです。

年金分割制度の対象者はこんな人

では、具体的には、年金分割制度の対象となるのは、どんな人なのでしょうか?

簡潔に申し上げると、年金分割制度の対象となるのは、夫婦どちらかが厚生年金に加入している方です。

つまり対象となる夫婦は以下の通り。

  • 第1号被保険者&第2号被保険者の夫婦
  • 共に第2号被保険者の夫婦
  • 第2号被保険者&第3号被保険者の夫婦

反対に、以下のような場合は、年金分割の対象外になります。

  • 夫婦どちらも第1号被保険者
  • 結婚前に厚生年金に加入していたものの、婚姻期間中は第1号被保険者だった夫婦

年金分割によって一体どれくらい受け取れるの?

さて、ここからは肝心な、年金分割でどれくらい受け取れるのかについてフォーカスを当てていきたいと思います。

年金分割制度では、分割の割合は、“最大2分の1”とされています。

最大という言い方、ひっかかりますね。

そう、必ず2分の1ではないのです。

ではどんな場合2分の1受け取れて、どんな場合2分の1受け取れないのか、それについては次項で詳しく解説します。

さらに注意が必要なのは、この最大2分の1の分割の対象となるのは、婚姻中に厚生年金に加入していた期間のみというところです。

すなわち、

  • 結婚前の厚生年金加入期間
  • 離婚後の厚生年金加入期間

は分割の対象外となります。

つまり、給付される年金の合計額から折半されるわけではないのです。

ということは、年金分割制度によって将来受け取れる年金額は思ったより少ないと感じるかもしれません。

年金分割の方法と注意すべきこと

年金分割方法は2パターンあり、あらかじめどちらに当てはまるか確認しておく必要があります。

1.「3号分割制度」

夫婦どちらかが第3号被保険者、かつ2008年4月以降の年金

2008年4月以降に結婚した夫婦で、どちらかが第3号被保険者の場合、第2号被保険者である配偶者の合意がなくても当然に2分の1で分割できます。反対に言えば、第2被保険者である夫もしくは妻には、拒否権がありません。

この場合、年金事務所へ行って手続きすれば分割完了です。

2.「合意分割」

第3号被保険者以外の方、2008年4月より前の年金

「合意分割」とは、夫婦で話し合って年金分割の割合を決める方法です。

対象となるのは、以下の通りです。

①2008年4月より前の婚姻期間中に厚生年金加入がある場合

例えば2008年4月より前に結婚しており、2008年4月より前の婚姻期間中も厚生年金の加入がある場合は、夫婦で合意して分割することになります。

これは、第3号被保険者であっても話し合って決める必要があります。

②夫婦どちらも第3号被保険者でない場合

前述の3号分割制度は、その名の通り、第3号被保険者が対象ですので、例えば、

  • 第1号被保険者&第2号被保険者の夫婦
  • 夫婦とも第2号被保険者

は対象外となり、話し合いで合意する必要があります。

この「合意分割」ですが、まず年金事務所で「年金分割のための情報通知書」をもらい、夫婦で分割の割合を決め、合意したら、「年金分割に関する合意書」を作成し、年金事務所で手続を行います。

万が一、合意がなされない場合は家庭裁判所での調停・審判・裁判などで分割の割合を決めることになります。

また、いつでも請求できるわけではなく請求期間が定められていますので、注意が必要です。

請求期間は離婚した日の翌日から起算して2年以内です。

この期間を超えると年金分割の請求が出来なくなります。

厚生年金は、加入者の納付月数と収入によって年金額が異なりますので、具体的な金額が知りたい場合は、年金事務所に問い合わせしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

少し分かりにくい制度ではありますが、まずは自身がどのパターンに当てはまるのかを把握すると、その後どのように手続を進めていけばいいのか見えてきます。

将来の年金受給額に関わってきますので、離婚を考えたときには、年金分割制度について知っておく方がよいかと思います。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事