Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「男性から見た離婚時の年金分割制度~分割額が少なくて済む方法はあるのか~」です。

離婚時に年金分割制度を利用すると、厚生年金が最大2分の1に分割されます。え?!年金もらえる額が半分になってしまう?!そう心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。そしてその多くが男性ではないかと思われます。

離婚とお金の話になると、女性の立場から言及されることが多いですが、今日は男性側から見た年金分割制度について解説していきたいと思います。

もくじ

年金分割制度とは?

まずは年金分割制度とはどういった制度なのか見ておきたいと思います。

年金分割制度とは、離婚時、「厚生年金」を夫婦で分割する制度です。

下の表をご覧ください。

年金の被保険者には3種類ありますが、その中で厚生年金に加入しているのは、会社員などの第2号被保険者です。

例えば夫だけが厚生年金に加入しているとすると、離婚した妻は、老後に受給できる年金が国民年金の分(老齢基礎年金)だけとなります。夫婦の年金受給額の差を調整するため、厚生年金部分の、婚姻中に支払った年金保険料に応じて、最大2分の1が分割されます。

さて、ここでポイントとなるのは以下の3点。

1.年金分割の対象となるのは、厚生年金から基礎年金分を除いた報酬比例部分のみ

第2号被保険者は、国民年金+厚生年金という二階建て構造ですが、どの被保険者も国民年金の被保険者ではありますので、この部分は分割されません。あくまで厚生年金の報酬比例部分のみが分割の対象です。

2.分割の割合が最大2分の1で、必ず2分の1受け取れるわけではない

最大2分の1というところがミソで、2分の1が確約されているわけではありません。

しかし、強制的に2分の1になってしまうケースも存在します。

その条件については後述します。

3.婚姻期間中の厚生年金のみが分割の対象で、結婚前、離婚後の厚生年金は対象外

報酬比例部分(厚生年金)を丸々半分するわけでもないのです。。

つまり、将来給付される報酬比例部分の合計額から折半されるわけではありません。

年金分割の対象となる場合ならない場合

先ほどお伝えしたように、年金分割制度の対象となるのは、夫婦どちらかが厚生年金に加入している場合です。

つまり対象となる夫婦は以下の通りです。

  • 第1号被保険者&第2号被保険者の夫婦
  • 共に第2号被保険者の夫婦
  • 第2号被保険者&第3号被保険者の夫婦

反対に対象とならない場合は以下の通りです。

  • 婚姻期間中、夫婦どちらも第1号被保険者

*結婚前や離婚後に第2号被保険者の期間があったとしても、年金分割対象外です。

年金分割から逃れられない人とは?

会社員の夫の立場で考えると、将来受け取れる年金が減ってしまうので、出来れば何とかしたいという思いを抱いているかもしれません。

しかし、この年金分割から逃れられないケースがあります。

というのも、年金分割の方法は「3号分割制度」と「合意分割」の2パターンあり、そのうち「3号分割制度」の対象となっている場合は、分割される側には拒否権はないのです。

では、それぞれどういう仕組みなのでしょうか?仕組みが分かれば防衛策も見えてきます。

(防衛策は次項にて)

1.「3号分割制度」とは?

対象:夫婦どちらかが第3号被保険者、かつ2008年4月以降の年金

2008年4月以降に結婚した夫婦で、妻が第3号被保険者の場合、夫の合意なしで当然に2分の1に分割できます。この場合、妻は年金事務所に行って手続するだけで分割は完了します。

つまり、第2被保険者である夫には、拒否権はないのです。

2.「合意分割」とは?

対象:第3号被保険者以外の方、2008年4月より前の年金

もう少し夫にとって希望が見えるのが、「合意分割」です。

「合意分割」とは、夫婦で話し合って年金分割の割合を決める方法です。

夫が第2号被保険者、妻が第1号被保険者もしくは第2号被保険者である場合、第3号分割制度は適用されません。

また、2008年4月より前の婚姻期間中の厚生年金加入期間がある場合(第3号被保険者含む)、2008年4月までの年金分割については、夫婦で合意が必要になります。

この場合、分割の割合は夫婦での話し合いで決めることとなります。

具体的には、まず、年金事務所で「年金分割のための情報通知書」をもらい、夫婦で分割の割合を決め、合意したら、「年金分割に関する合意書」を作成し、年金事務所で手続を行います。

万が一、合意がなされない場合は家庭裁判所での調停・審判・裁判などで分割の割合を決めることになります。

つまり、こちらはまだ交渉の余地がある、と言えます。

年金分割制度を知って普段から対策を

さて、ここからは年金分割制度への対策についてです。

年金分割の主旨は、夫婦が将来受給する年金額の格差を調整することです。

つまり、夫に出来る年金分割への対策、それは

夫婦の年金額の格差を出来る限り少なくしておくこと。

年金分割制度において、分割が最も大きくなるのは妻が第3号被保険者であった場合です。

つまり、妻が夫に扶養されている場合です。

しかし、例えば妻も働き、第2号被保険者となれば、3号分割にかかる期間は減少しますし、妻自身が受給できる報酬比例部分がありますので、年金分割も少なくなります。

また、妻にとっても、離婚後仕事を探すより、離婚前から安定した仕事に就いていた方が離婚後の生活も安定します。

つまり、妻も働き、第2号被保険者となることは、双方にとってメリットなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年金分割制度については、少し分かりにくい部分もありますが、こうして整理して全体像が見てみると、どういった対応をしていけばよいのかも見えてきます。

また、離婚とお金の問題については、夫婦で見えている景色が違っていたりするのです。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事