Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「投資信託の始め方キホンのキホン」です。

投資に興味があるが、中々重い腰が上がらない。

具体的にどうすれば始められるのかよくわかっていない。

確かに投資未経験のうちは、色々と疑問も多いですが、今更聞くのも・・・という気もします。そこで今日は、投資信託の始め方のキホンのキホンについて解説していきたいと思います。

もくじ

そもそも、投資信託って何?

まずは、投資信託について簡単に解説します。

投資信託とは、色々な人から集めたお金を、運用の専門家が色々な金融商品に投資し、その利益が投資した人に還元されるものです。

投資の対象には、「株式」「債券」「不動産」等、色々あり、また国内市場だけでなく、海外市場の金融商品に投資するものもあり、対象となる市場もさまざまです。

つまり、投資信託とは、「詰め合わせ商品」

1つの商品に数種類の株式や債券等が入っており、それらを専門家が運用し利益を上げていきます。

どんな金融商品を詰め合わせるのかは投資信託ごとに異なっています。

投資信託も値動きがありますが、基本的には1日1回だけです。

一方、投資信託の中には、株式のように、市場が開いている間常に値動きしているものもあります。それがETF(上場投資信託)や、REIT(不動産投資信託)と言われるものです。

ETFやREITは株式と同じように上場して証券取引所で取引され、株式と同じ方法で取引が出来ます。

投資信託はどこで買えるの?窓口を選ぶポイントは?

投資信託は、証券会社の他、銀行や信用金庫、郵便局などでも買うことが出来ます。

しかし、投資信託以外の、例えば株式投資なども検討した場合、取引は証券会社となりますので、投資の窓口として、今日は証券会社での口座開設を想定して話を進めていきます。

証券会社はどうやって選べばよい?

証券会社を選ぶときのポイントは3点。

  • 1.手数料の安さ
  • 2.取扱商品の多さ
  • 3.情報の見やすさ

1.手数料の安さ

証券会社には、窓口(店舗)を設けている会社と、インターネットを利用して取引するネット証券があります。

手数料の安さでいうと、ネット証券の方が圧倒的に安いです。

ですので、手数料の安さを考えると、ネット証券を選ぶ方がおすすめです。

投資信託にかかる手数料は主に3つあります。

  • 買うときに支払う手数料(購入時手数料)
  • 保有している間支払い続ける手数料(信託報酬)
  • 売るときに支払う手数料(信託財産留保額)

手数料は出来るだけ安い方がいいですよね。

特に注目すべき手数料、それは「信託報酬」です。

それはなぜか?

投資信託は、買うとき、売るときに手数料がかかるほか、保有している間もずっと手数料がかかります。いわば管理費のようなものです。

この、保有している間払い続けなければならない手数料、それが「信託報酬」なのです。

売買時にかかる手数料は、いわば一度きりなのですが、「信託報酬」は保有している限りずっと支払続けなければならない。だから、「信託報酬」が安い方が有利です。

投資信託の手数料は商品によってさまざまです。

また、同じ投資信託であっても購入する窓口によって手数料は異なっていますので、もし、買いたい商品がある場合は、何社か比較してみて手数料が安いところを選ぶとよいでしょう。

2.取扱商品の多さ

自分が買いたいと思った投資信託があったとしても、口座を持っている証券会社がその商品を取り扱っていなければ購入できませんので、出来れば取扱商品が多い証券会社を選ぶのがおすすめです。もし買いたい商品が決まっている場合は、取り扱い状況を確認しておくと安心です。

ネット証券の場合、取扱っている投資信託が多い会社は、SBI証券・楽天証券・松井証券などです。(アフィリもしくはリンク)

上記3社は購入時の手数料が無料など、比較的手数料も低く抑えられているので、おすすめです。

3.情報の見やすさ

最後は、情報の見やすさです。

投資を行うにあたり、証券会社のサイトにて取引に必要な情報をチェックしたり、取引状況を確認したりします。なので、やはりサイトが見やすい方がよいでしょう。

投資信託の買い方2パターン

さて、証券会社に窓口を開設したら、いよいよ取引開始です。

ここで、投資信託には買い方が2パターンあります。

  • 1.スポット
  • 2.積立

1.スポット

スポットとは、自分が買いたいと思ったときに注文する方法です。

スポットで購入する場合、「金額を指定する」パターンと、「口数(数量)を指定する」パターンがあります。

金額を指定した場合、その金額分買付されます。

口数を指定した場合、その口数分買付されます。

2.積立

もう一つ、投資信託は積立で購入することも出来ます。

積立の場合、一度手続きすると指定日に指定した金額で自動的に買付してくれますので、それ以降は特に作業は必要ありません。(後で変更することは可能です)

積立の場合、価格が安いときには多くの口数が買え、価格が高いときには少ない口数を買うことになり、価格が平均化されることになります。

投資において価格変動の大きさはリスクなので、価格が平均化されるということはリスクが抑えられるということになります。

ETFとREITは株式のような買い方パターン

投資信託と一口に言っても、色々な種類があり、中には株式のように市場が開いている間値動きしており、株式と同じような方法で売買されるものもあります。

代表的なのが、ETFやREITと呼ばれるものです。

ETFやREITについての詳しい説明はこちらでは割愛しますが、関連記事にて詳細は記載していますので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

関連記事→

家計を守るお金の知識~ETFって何?

家計を守るお金の知識~REITって何?

ETFやREITは株式と同じように、買い方(売り方)が3種類あります。

ですので、ここからは株式の買い方(売り方)について少し解説します。

  • 1.成行注文
  • 2.指値注文
  • 3.逆指値注文

1.成行注文

成行注文とは、売買の値段を指定しない注文方法です。

メリットとしては、買いたいときに買える、早く売買が成立することが挙げられますが、反対にデメリットとしては、予想以上に高く買ってしまったり、安く売ってしまう可能性があるということです。

注文方法としては一番シンプルでわかりやすいのもこの成行注文です。

2.指値注文

指値注文とは、売買時に値段を指定して注文する方法です。

株価が指定した金額を下回ったら買い、指定した金額を上回ったら売りが成立します。

例えば現在105円の株を100円で買いたい場合、100円で指定すると、株価が100円を下回ったら購入されます。

反対に、100円で買った株を105円より高くなったら売りたい場合、指値注文で105円と指定すれば、株価が105円を上回ったら売却されます。

メリットとしては、希望の価格で売買できるため、予想外に損な値段で売買することは避けられます。

一方、デメリットとしては、希望の株価に到達しなければ、いつまでも売買が成立ません。

100円で買いたいと思って指値注文すると、101円では購入されません。

そのうちに104円105円とどんどん株価が上がっていき、結局買うタイミングを逃してしまうということもあります。

3.逆指値注文

逆指値注文とは、指値注文と同様、売買時に値段を指定して注文する方法です。

ただ、逆指値と言われるように、値段の指定が逆で、株価が指定した金額以上になったら買い、指定した金額以下になれば売りが成立します。

例えば所有している株の値段が今後上がっていくなら保有しておきたいが、損をしたくないので、いくら以下になると売りたいという場合に有効です。

分配金と税金~特定口座と一般口座どちらを選ぶべき?~

さていよいよ購入!と手続きをしていると、「特定口座」か「一般口座」を選択させられます。

・・・これって、どちらを選べばいいの?

結論から言いますと、「特定口座」を選択する方が無難です。

違いを簡単に言うと、「一般口座」は面倒、「特定口座」は面倒ではない口座です。

「特定口座」を選択した場合、証券会社が1年間の税金の計算をやってくれます。

さらに、「特定口座」には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があり、「源泉徴収あり」にしておくと確定申告の必要がありません。ただし、年間利益が20万円以下であれば、税金を払う必要がないのに、税金が引かれてしまうことになります。一方「源泉徴収なし」にすると、証券会社がやってくれるのは損益計算までで、確定申告は自身で行う必要があります。計算する手間はかからないので、確定申告自体はそんなに面倒ではないと思います。

それに対し「一般口座」を選択すると、1年分の取引を自分で計算し、確定申告しなければなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

投資未経験のうちは、どうすればよいのか、何を選べばよいのか分からず、興味はあってもなかなか始めるまでのハードルが高いように思います。

特に基本的なことであればあるほど、かえって人には聞きにくいもの。こんなことも知らないの?と思われないだろうかとあれこれ不安になってしまう気持ち、分かります。

しかし、何事もみんな最初は未経験、初心者です。

そんなあなたの不安が少しでも軽減出来ると幸いです。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事