Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「住宅ローン繰り上げ返済、返済期間短縮型と返済額軽減型の違いは?」です。住宅ローンを繰り上げ返済する場合、2パターンの方法があります。

一体どちらを選ぶべきなのでしょうか?

繰り上げ返済の方法の違いと、それに伴う返済額の違いについて今日は解説してきたいと思います。

もくじ

住宅ローンの繰り上げ返済、期間短縮と返済額軽減の違いとは?

繰り上げ返済とは、元金残高を前倒しで返済することです。

通常の返済額には元金と利息の両方が含まれていますが、繰り上げ返済の場合は、全て元金の返済に充てられます。繰り上げ返済のメリット、それはズバリ支払う利息が軽減出来るということです。

この繰り上げ返済の方法には2パターンあります。

  • 1.返済期間短縮型
  • 2.返済額軽減型

それぞれの違いを見ていきます。

1.返済期間短縮型

返済期間短縮型は、その名の通り、繰り上げ返済によって返済期間を短縮する方法です。

繰り上げ返済後も毎回の返済額は変わりませんが、返済回数が減少します。

2.返済額軽減型

返済額軽減型は、繰り上げ返済によって毎回の返済額を減らす方法です。

例えば返済額が月10万円だったのが月8万円に減少するなど、1度の支払額の負担は軽くなりますが、返済期間は変わりません。

簡単に言えば、返済期間を減らすか、毎回の返済額を減らすかという違いです。

【シュミレーション】返済期間短縮型と返済額軽減型、どれくらい違う?

先に結論からお伝えすると、返済期間短縮型と返済額軽減型であれば、返済期間短縮型の方が支払う利息の合計額は少なくなります。

ではどれくらい違うのでしょうか?

例えば住宅ローン3,000万円30年金利年1% 繰り上げ返済額200万円(1年後)の場合でみてみましょう。(あくまでシュミレーションです。)

繰り上げ返済なし:合計支払利息:473万6,908円

返済期間短縮型 :合計支払利息:409万3,662円

返済額軽減型  :合計支払利息:443万2,083円

繰り上げ返済はその時期が早いほど返済額が少なくなります。

上記のシュミレーションの場合では、「返済期間短縮型」の方が「返済額軽減型」より支払う利息は33万8,421円少なくなります。

返済期間短縮型と返済額軽減型どちらを選ぶ?選び方

まず、大前提として、繰り上げ返済をする前に、本当に繰り上げ返済をしても大丈夫か、検討しておく必要があります。

利息が少なくなるからといって、必ずしも繰り上げ返済する方がいいわけではないのです。

例えば近い将来、大きな支出がある場合は、繰り上げ返済せず、大きな支出に備えてお金を手元に置いておく方が賢明です。

また、繰り上げ返済をするのであれば、返済期間短縮型の方が支払利息は少なくなるので、返済期間短縮型を選びたくなるかもしれません。

しかし、若いうちは給与が低い、今後子供の出費が大きくなるなどの事情があり、返済額軽減型を選ぶ方が賢明な場合もあります。

気を付けるべきポイントは“無理して繰り上げ返済しない”ということです。

手元にある程度お金を残しておかなければ、いざというときに困ることになります。

繰り上げ返済出来そうだなと思っても、今後の家計全体をシュミレーションした上で繰り上げ返済するかどうか判断してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住宅ローンは老後まで食い込むとそれはそれで返済に窮する場合があり、難しい問題です。

だからこそ、繰り上げ返済するか、繰り上げ返済するのであれば、どちらのタイプを選ぶのか、あらかじめシュミレーションしておくことがポイントです。

もし、ご自身で計算が難しいということであれば、ファイナンシャル・プランナーがあなたに合った返済シュミレーションを行いますので、いつでもお気軽にご相談ください。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事