Pocket

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの箭吹雅代です。

さて、今日のテーマは「住宅ローンを考える~フラット35とは?~」です。

住宅購入の際、住宅ローンを検討する方がほとんどではないでしょうか。

しかし、住宅ローンも色々あり、それぞれどんな特徴があるのか分かりにくいと感じるかもしれません。

今日は、その中でも「フラット35」のしくみについて解説していきます。

もくじ

フラット35とは?

「フラット35」とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が連携して提供している住宅ローンです。

特徴は、「最長35年の固定金利型住宅ローン」であること。

つまり、最長35年金利が変わらないローンということになります。

融資実行時点での金利を適用するため、その後金利が上昇している場合でもその影響を受けないため、返済額の予定が立ちやすい、予想外に支払い利息が多くなるという心配がないため、安心感があります。

「フラット35」は銀行や信用金庫などほとんどの金融機関が取り扱っており、他にも住宅メーカー系列の金融機関なども取り扱っています。

ただ、「フラット35」という名称は同じであっても、金利は金融機関によって異なります。なので、“どこでも一緒だろう!”と思わず、利用する際は、各金融機関を比較検討する必要はあります。

フラット35利用条件とは?

「フラット35」を利用する場合は、諸々の条件があります。

主な条件は以下表の通りです。

フラット35を利用する際の注意点

1.融資率9割を超えると金利が高くなる

金利がフラット(変わらない)=低金利というわけではありません。

実際に、変動金利型の住宅ローン等と比べてみると、金利は高めに設定されています。

また、融資率9割を超えると通常より高い金利が設定されます。

融資率とは、家を建てるためにかかった費用(または購入にかかった費用)のうち、何%住宅ローンを利用するかという割合です。

例えば、2,500万円で家を建てるのに、2,000万円を住宅ローンで借入れた場合、

2,000万円÷2,500万円×100=80%

融資率は80%ということになります。

これが90%を超えると、高い金利が設定されるのです。

2.融資事務手数料がかかる

フラット35には保証料がかかりません。

保証料というのは、保証会社に支払うものです。

保証会社というのは、万が一、住宅ローンの返済が滞ったときに、肩代わりして金融機関に返済してくれます。 (返済を逃れるわけではなく、保証会社に対して返済しなければなりません。)

フラット35はこの保証料がかかりません。

しかし、その一方で融資事務手数料はかかるので、コストパフォーマンスについては、この部分も勘案して、他のタイプの住宅ローンと比較検討する必要がありそうです。

融資事務手数料には、「定率タイプ」と「定額タイプ」があります。

「定率タイプ」は、融資額に対して一定の割合で融資事務手数料がかかるもので、「融資額×2.2%(税込)」が一般的です。

例えば2,000万円の借入れに対し、手数料は44万円になります。

一方「定額タイプ」は、融資額に関わらず手数料は一定で、3万円~5万円程度です。

これだけ見ると、「定額タイプ」の方が、手数料が安いのでオトクに見えますが、「定額タイプ」の方が金利は高くなるので、注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住宅ローンはどれを選べばよいのか悩みどころですが、フラット35も他の住宅ローンと比較しながら検討することが必要です。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事