Pocket

離婚に踏み切れないのはお金のせいですか?

離婚したら不安なのはお金のことですか?

離婚を考えたとき頼れるお金のプロ、箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「離婚に必要なお金」です。

離婚を考えているけれど、お金への不安から離婚をためらっていませんか?

離婚前に用意すべきお金は?離婚後どれくらいお金が必要?

不安を払拭するにはまずは知ること。そうすることで、やるべきことが見えてきますよ。

もくじ

  • 離婚を考えたら知っておこう、離婚に必要なお金のあれこれ
  • 離婚したら生活費はいったいいくらかかる?
  • 収入に不安があるなら、転職も考える
  • シングルマザーが安定した収入を得る方法

離婚を考えたら知っておこう、離婚に必要なお金のあれこれ

離婚を考えたときに、大きな問題として挙がってくるのが、そうお金の問題

特に配偶者の収入に頼って生活している場合などは、離婚後、自身の収入で生活していけるか、不安になるかもしれません。

不安に思うのは当然だと思います。

お金の不安は避けて通れない問題です。

しかし、重要なことは正しく不安を感じることです。

正しく不安を感じる??

正しく不安を感じるとは、なぜ不安なのか、不安の原因を具体的に把握してください、ということです。

逆に言えば、漠然と不安に思うのは正しくない不安です。

離婚にいったいいくらかかるんだろう?

離婚後生活できるだろうか?

分からないからこそ不安に思う。

このように問題点を把握していなければ、解決策は導き出せません。

一方

  • 離婚には○○万円かかる
  • 離婚後の生活費は月〇〇万円かかる
  • しかし、今の収入では月〇〇万円不足することが予想されるから不安だ。

これは、問題が明確であり、だからこそ不安に思っている状態です。

しかし、問題が明確だからこそ、解決策を打つことができます。

これが正しく不安に思っている状態です。

実はこれがとても大事なのです。

それでは問題を明確化するために、離婚にはいったいいくらかかるのか、離婚後の生活費はどれくらいかかるのか、具体的に明らかにしていきましょう。

まずは、離婚にかかるお金です。

離婚後の住まいをどうするか、は大きな問題の一つです。

もし、今配偶者と同居している家を出ていく場合、実家に戻ることができるのであれば別ですが、そうでないなら、新たに家を借りる必要があります。

家を借りる場合、思いのほかお金がかかります。

家賃だけではなく、敷金・礼金・引っ越し代に加え家具家電など大きな出費から小さな出費まで予想以上にかかるものだと考えておいた方がいいでしょう。

離婚準備としては目安として100万円ほど準備しておく必要があります。

また、離婚と一言で言ってもさまざまで、場合によっては弁護士など専門家に頼らなくてはならないこともあります。

そういった場合、弁護士費用などもかかりますので、さらに必要な額は高くなるでしょう。

100万円はあくまで最低額と考えておいてください。

離婚したら生活費はいったいいくらかかる?

さて、離婚前に考えておかなければならないのは、離婚時に必要なお金に加え、離婚後の生活費です。

離婚前に配偶者の収入に頼っている場合、離婚後の生活が立ち行かなくなる可能性もあります。

そういった事態を避けるためにも、離婚前に、離婚後の生活費がいったいいくら必要なのか、把握しておく必要があります。

生活費ですが、離婚後は配偶者分の生活費が減ることになります。

ですので、離婚前の生活費の大体70%くらいで考えておきます。

離婚前の生活費の70%を収入として得られるか、離婚前に計算しておくことをおすすめします。

必要な生活費が分かれば、1か月に必要な収入もわかります。

具体的に必要な収入額が分かれば、月に何日くらい働かなければならないのか、一日に何時間くらい働かなければならないのかが見えてきます。

具体的に必要額が分かれば、仕事をどうするか、対策を考えることもできます。

収入に不安があるなら、転職も考える

さて、生活に必要な金額が分かりました。

ここで、今のままでは必要な生活費を賄うだけの収入確保が難しいのであれば、転職も考える必要があります。

子供がまだ幼く、フルタイムで働くことが難しいという方もいらっしゃると思います。

*シングルマザーの仕事については次項でお話します。

しかし、必要な収入がなければ生活そのものが立ち行かなくなってしまいますので、何としても必要な収入を得る必要があります。

そのための転職活動は出来ることなら離婚前にやっておいた方がいいのは言うまでもありません。

離婚時はやるべきことが多く、さらに転職活動までやる余裕がない、と思われるかもしれません。

しかし、十分な収入を得られないまま離婚してしまうと、離婚後の生活に大きな不安を残すことになります。

また、離婚前にどんな仕事を目指すのかを明確にすることで、資格を取る、パソコンスキルを身に着けるなど必要な事前準備も見えてきます

とはいえ、独学で資格の勉強をしたり、パソコンスキルを学ぶのは難しい

そういったときはハローワークで職業訓練を実施しているところもありますので、問い合わせてみてください。無料で受けられるものもありますので、ぜひ活用してみてください。

シングルマザーが安定した収入を得る方法

子供がまだ幼かったり、就業経験が少なく、またブランクがあるなど、いざ就職をして安定した収入を得ようと思ってもなかなか思うように職を見つけるのは容易ではないかもしれません。

しかし、生活するためにはやはり安定した仕事を得るのは重要です。

それぞれの事情はあると思います。

だからこそ、シングルマザー向けの就職支援を上手に活用したいものです。

子育てをしながら職を探す人のために全国にマザーズハローワークがあります。

これは、子育てと仕事の両立を目指す方、出産・子育てでブランクがある方等を支援するためのハローワークです。

託児所サービスが付いているセミナーがあったり、キッズコーナーが併設されていたり、子供が一緒でも安心して就活が出来る環境が整っています。

最寄りのマザーズハローワークは、厚生省のHPから確認することができます。

子供がいるから仕事は無理、と諦めてしまう前に、まずはマザーズハローワークで相談してみてはいかがでしょうか?

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。