Pocket

離婚に踏み切れないのはお金のせいですか?

離婚したら不安なのはお金のことですか?

離婚を考えたとき頼れるお金のプロ、箭吹雅代です。

離婚のお金の不安を安心に変える、離婚専門のファイナンシャル・プランナーです。

さて、今日のテーマは「その保険、入りっぱなしで大丈夫?保険見直しの時期とポイント」です。

保険に入ったら一安心・・・と思っていませんか?

実は、保険は入って終わりではなく、定期的に見直す必要があります。

人生ずっと同じではないですよね、だからこそ、必要な保障もずっと同じではないんです。

今日は、保険を見直す際のポイントについて解説していきます。

もくじ

  • その保険、入りっぱなしで大丈夫?
  • 保険を見直すとき注意すべきは?
  • 保険見直しのポイント
  • まとめ

その保険、入りっぱなしで大丈夫?

保険に入るときは、一生懸命検討するのですが、一度入ったらそのままにしていませんか。

しかし、人生のステージによって、必要な保障は変化します。

家族構成や年齢などによって、必要な保障は変わってくるのです。

また、場合によっては、必要なくなる保障もあります。

必要もない保障に保険料を払い続けるのはもったいない。

だからこそ、入りっぱなしにせず、ときどき見直すことが必要になってきます。

では、どんなときに見直せばいいのでしょうか?

  • 結婚した時
  • 子供が生まれた時
  • 子供が独立した時
  • 住宅を購入した時
  • 離婚した時
  • 転職したとき(特に会社員から自営業に変わったときなどは注意)
  • その他、生活に何らかの変化が生じたとき

つまり、人生において大きな転機があった時は、必要な保障も変化するとき。

保険の見直しをしておいた方がよさそうです。

保険を見直すとき注意すべきは?

さて、保険を見直すタイミングになったとき、注意すべきポイントが2点あります。

一つずつみていきましょう

1.現在の保険を解約して新たな保険に加入する場合

より条件のよい保険、自分に合った保険に乗り換えたいと思って今契約している保険を解約し、新たな保険に加入する場合は特に注意が必要です。

なぜなら、古い保険に入ったときより今の方が年齢は上がっていますので、保険料が高くなります。

また、新しい保険に加入し直すとなると、健康状態についての告知や医師の診査が必要となります。診査の結果によっては保険に加入できない可能性もあります。

ですので、新しい保険に加入する際は、先に新規の保険を契約してから、古い保険を解約する方がよいでしょう。

2.予定利率が下がる場合

まず、予定利率について説明します。

保険会社は、契約者から集めた保険料を運用して増やしていきます。

運用した場合、どれくらい利益が得られるか、その利益の割合がこれくらいですよとあらかじめ契約者に約束します。

これが予定利率です。

契約時の予定利率が保証されるため、もし高い予定利率の時に保険に加入していたとしたら、それを解約して新たに保険に加入する場合、タイミングによっては、予定利率が下がってしまうことがあります。

特に1993年頃までに加入した保険は予定利率が高く、5~6%前後あるものが一般的だったため、現在の低い予定利率と比べると大きな差があります。

ですので、こうした保険を解約する場合は慎重に考える必要があります。

保険見直しのポイント

さて、次はいよいよ保険見直しの3つのポイントについて話していきます。

1.必要のない保障の見直し

保険に加入するとき、あれも心配、これも必要かもと色々と特約をつけたくなって、結果必要のないものまで契約していませんか?

複数の保険に加入している場合、保障が重複していませんか?

必要のないもの、重複しているものがないか確認してみると無駄が見えてきます。

例えば「女性疾病特約」

女性特有の病気になると給付金が上乗せされるというものですが、別に女性特有の病気だからといって、医療費が上乗せされるわけではないので、わざわざ付ける必要はないのではないでしょうか。

病気になったらいくらかかるか、いくらまでなら貯金で賄えるかを確認しながら、本当に必要な保障だけを選んでいきたいところです。

2.過剰な保障金額を見直す

人生のステージによって必要な保障金額は異なります。

例えば死亡保障。子供がまだ小さいうちは手厚い保障が必要だと思いますが、子供が独立し、扶養する家族がいなくなった段階では、特に大きな保障は必要なくなります。

過剰な保障金額になっていないか、見直すことは保険料の節約にもつながりますね。

3.毎月の保険料をいくらにするか検討する

保険料は長期に渡って支払っていくものです。

ですので、毎月の支払が家計を圧迫してしまっては、保険料を支払っていくことができなくなります。また、保険に入っていれば必ずしも安心とは限りません。やはり、いざというときのために、貯金も必要でしょう。もし、保険料を支払い過ぎて貯金が出来ないということであれば、保険を考え直す必要があるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

実は保険は人生において大きな買い物です。

支払いが長期に渡っているので、気づきにくいかもしれませんが、生涯に渡って支払う保険料の合計は、実はかなり大きな金額になります。

だからこそ、人生の節目で見直し、必要な保障・金額を検討し、無駄なく安心を手に入れることが大事です。

人生は人それぞれであるように、家計もそれぞれです。

自分にあった家計診断をプロに相談して将来に備えてみてはいかがでしょうか。

家計の健全化は、将来の生活の安心につながります。

個別のWEB相談も受け付けております。

関連記事